picture 水高 将吾    学術振興会特別研究員

所属

  茨城大学理学部 数学・情報数理コース
  長谷川雄央研究室

E-mail:

  shogo.mizutaka.sci [at] vc.ibaraki.ac.jp

研究キーワード

  Statistical Physics, Critical Phenomena, Complex Networks

所属学会

  日本物理学会

News

  [2019/07/26] クラスター性のあるネットワーク上のパーコレーションクラスターの統計的性質に関する論文をarXivに公開しました。
  [2019/05/22] 強次数相関ネットワーク上のパーコレーションに関する論文をarXivに公開しました。


これからの予定

  2019年10月24日 -  10月25日 阿部真人さん(理研AIP、特別研究員)、翁長朝功さん(東北大学際フロンティア、助教)が研究室来訪。
  2019年10月27日 -  11月03日 藤木結香さん(北海道大学、博士2年)が長谷川雄央研究室に滞在。
  2019年10月30日      水戸MIセミナーを開催(講演者:中井貴生さん[名古屋大学、M2]、松木彩星さん[東京大学、M2])。
  2019年12月10日 -  12月12日 国際会議"Complex networks 2019"@Lisbonで講演。
  2020年02月17日      研究会"量子・古典における複雑系の物理と普遍性"@北大で講演。

学術論文

投稿論文

  1. "Structure of percolating clusters in random clustered networks"
  2. T. Hasegawa and S. Mizutaka
    Under review.  [arXiv]

  3. "Percolation on a maximally disassortative network"
  4. S. Mizutaka and T. Hasegawa
    Under review.  [arXiv]

  5. "Simple model of fractal networks formed by self-organized critical dynamics"
  6. S. Mizutaka
    Journal of the Physical Society of Japan. 88, 014002 (2019).  [arXiv]

  7. "Disassortativity of percolating clusters in random networks"
  8. S. Mizutaka, T. Hasegawa
    Physical Review E 98, 062314 (2018).  [arXiv]

  9. "Fractality and degree correlations in scale-free networks"
  10. Y. Fujiki, S. Mizutaka and K. Yakubo
    The European Physical Journal B 90, 126 (2017).   [arXiv]

  11. "Structural instability of large-scale functional networks"
  12. S. Mizutaka and K. Yakubo
    PLoS ONE 12(7): e0181247   [arXiv]

  13. "Robustness analysis of bimodal networks in the whole range of degree correlation"
  14. S. Mizutaka and T. Tanizawa
    Physical Review E 94, 022308 (2016).   [arXiv]

  15. "Fractal and Small-World Networks Formed by Self-Organized Critical Dynamics"
  16. A. Watanabe, S. Mizutaka and K. Yakubo,
    Journal of the Physical Society of Japan 84, 114003 (2015).   [arXiv]

  17. "Robustness of scale-free networks to cascading failures induced by fluctuating loads"
  18. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    Physical Review E 92, 012814 (2015).   [arXiv]

  19. "Network fragility to overload failures: influence of the scale-free property"
  20. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    Journal of Complex Networks 2, 413 (2014).

  21. "Structural robustness of scale-free networks against overload failures"
  22. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    Physical Review E 88, 012803 (2013).

  23. "Testing the Order Parameter of the Anderson Transition"
  24. K. Yakubo and S. Mizutaka,
    Journal of the Physical Society of Japan 81, 104707 (2012).

プロシーディングス

  1. "Overload Network Failures: An Approach from the Random-Walk Model"
  2. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    2013 International Conference on Signal-Image Technology & Internet-Based Systems (SITIS), 630 (2013).

  3. "Network robustness to overload failures"
  4. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    Topologica 3, in press.

学会参加

国際会議

  1. "Intrinsic long-range degree correlation of random nwtwroks near criticality"
  2. S. Mizutaka
    Roles of Heterogeneity in Non-equilibrium collective dynamics,
    APCTP, Pohang, Korea 15-17 July 2019 (Invited).

  3. "Degree correlations of percolating clusters in random networks"
  4. S. Mizutaka and T. Hasegawa
    StatPhys27,
    Auditorios UCA Puerto Madero, Buenos Aires, Argentina 8-12 July 2019 (Poster).

  5. "Negative degree correlations of percolating clusters in random networks"
  6. S. Mizutaka and T. Hasegawa
    Critical and collective effects in graphs and networks 2019,
    Les Houches Physics School, France 6-10 May 2019 (Poster).

  7. "Degree correlations of percolating clusters in uncorrelated random networks"
  8. S. Mizutaka
    The 4th Workshop on Self-Organization and Robustness of Evolving Many-Body Systems,
    RIKEN Tokyo Liaison Office, Tokyo 19 Mar. 2019 (Invited).

  9. "Fractal network formation based on self-organized critical dynamics"
  10. S. Mizutaka
    Workshop on dynamical processes on networks,
    Shinjuku, Tokyo 18 Jul. 2018 (Invited).

  11. "Fractal networks formed by self-organized critical dynamics and its universality class"
  12. S. Mizutaka
    NetSci2018,
    Paris, France 13-15 Jun. 2018 (Poster).

  13. "Degree correlations in scale-free fractal networks"
  14. Y. Fujiki, S. Mizutaka, and K. Yakubo
    The 2nd Workshop on Self-Organization and Robustness of Evolving Many-Body Systems,
    Sapporo, Japan 8-9 Sep. 2017 (Oral).

  15. "Fractality of Complex Networks Emerging from Self-Organaized Critical Dynamics"
  16. K. Yakubo, A. Watanabe and S. Mizutaka,
    International Conference on statistical Physics (SigmaPhi2017),
    Corfu, Greece 10-14 Jul. 2017 (Poster).

  17. "Disassortative degree mixing and fractality of scale-free networks"
  18. Y. Fujiki, S. Mizutaka, and K. Yakubo
    International Conference on statistical Physics (SigmaPhi2017),
    Corfu, Greece 10-14 Jul. 2017 (Poster).

  19. "Exact Calculation of Robustness Properties of Correlated Bimodal Networks"
  20. T. Tanizawa and S. Mizutaka,
    NetSci2016 (KOR) 2016 (Oral).

  21. "Cascading Failures by Fluctuating Loads in Scale-Free Networks"
  22. K. Yakubo and S. Mizutaka,
    NetSci2016 (KOR) 2016 (Poster).

  23. "Overload Network Failures: An Approach from the Random-Walk Model"
  24. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    2013 SITIS Kyoto (JPN) 2013 (Oral).

  25. "Network robustness to overload failures"
  26. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    International Workshop on Phase Transition, Critical Phenomena and Related Topics in Complex Network,
    Hokkaido University (JPN), September 9-11, 2013 (Poster)

  27. "Percolation on Scale-free Networks by Overload Failures"
  28. S. Mizutaka and K. Yakubo,
    STATPHYS 25, Seoul National University (KOR), July 22-26, 2013 (Poster)

国内会議 ・セミナー

  1. "Negative degree correlations of percolating clusters in random networks"
  2. 水高 将吾、長谷川 雄央
    ネットワーク科学セミナー2019@統計数理研究所2019年8月28日-8月30日(Poster).

  3. "Correlated bimodal network上の相乗効果を持つ感染症モデルの振舞い"
  4. 森 萌、水高 将吾、長谷川 雄央
    ネットワーク科学セミナー2019@統計数理研究所2019年8月28日-8月30日(Poster).

  5. "最大負次数相関がパーコレーションの臨界特性に与える影響"
  6. 水高 将吾、長谷川 雄央
    日本物理学会 2019春季大会@九州大学2019年3月15日 (Oral).

  7. "ランダムネットワークにおける最大連結成分の統計"
  8. ◯長谷川 雄央、水高 将吾
    ランダム系と量子系の出会い@東北大2018年9月14日 (Oral).

  9. "パーコレーティングクラスターの次数相関の解析"
  10. 水高 将吾
    ネットワーク科学セミナー@早稲田大2018年9月14日 (Oral).

  11. "パーコレーション問題における最大連結成分の負次数相関性"
  12. 水高 将吾、長谷川 雄央
    日本物理学会 2018秋季大会@同志社大学 (Oral).

  13. "クラスター性のあるネットワークの連結成分の統計的性質"
  14. ○長谷川 雄央、水高 将吾
    日本物理学会 2018秋季大会@同志社大学 (Oral).

  15. "ランダムウォークで重み付けられたネットワークのバックボーン"
  16. ○岩瀬 優太、水高 将吾、長谷川 雄央
    日本物理学会 2018秋季大会@同志社大学 (Oral).

  17. "パーコレーティングクラスターの次数相関"
  18. 水高 将吾、長谷川 雄央
    ワンディワークショップ ネットワーク構造の数理@北海道大学 (Oral).

  19. "引用関係ネットワークの構造解明"
  20. 水高 将吾
    IRのための学術文献データ分析と統計的モデル研究の深化」キックオフミーティング@統計数理研究所 (Oral).

  21. "自己組織化臨界ダイナミクスによるフラクタル・ネットワーク形成とその普遍"
  22. 水高 将吾
    ネットワーク科学セミナー~つながりと相互作用のランダムネス@統計数理研究所 (Oral).

  23. "Fractality of Complex Networks Emerging from Self-Organaized Critical Dynamics"
  24. 水高 将吾、渡邊 章友、矢久保考介
    ネットワーク科学セミナー2017@統計数理研究所(Poster).

  25. "自己組織化臨界性に基づくネットワーク形成とその普遍クラス"
  26. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2017秋季大会@岩手大学 (Oral).

  27. "自己組織化臨界動力学によるネットワークのスケールフリー性 --マスター方程式からのアプローチ--"
  28. ○山根 佳大、水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2017秋季大会@岩手大学 (Oral).

  29. "自己組織化臨界性に基づくネットワーク形成の単純モデルの提案"
  30. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2017春季大会@大阪大学 (Oral).

  31. "自己組織化臨界ダイナミクスによるスケールフリー・ネットワークの形成 "
  32. ○山根 佳大、水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2016秋季大会@金沢大学 (Oral).

  33. "隣接次数相関を有するBimodal Networkの構造的性質"
  34. 水高 将吾、谷澤 俊弘
    日本物理学会 2016春季大会@東北学院大学 (Oral).

  35. "複雑ネットワークにおける隣接ノード次数間のスピアマン相関係数"
  36. ○矢久保 考介、藤木結香、水高 将吾
    日本物理学会 2016春季大会@東北学院大学 (Oral).

  37. "総負荷揺らぎを伴う過負荷故障の確率と局所負荷揺らぎのスケーリング則"
  38. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2015秋季大会@関西大学 (Oral).

  39. "負荷揺らぎに基づく故障カスケードとネットワークの頑強性"
  40. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2015春季大会@早稲田大学 (Oral).

  41. "ネットワーク上のパーコレーションと過負荷故障"
  42. 水高 将吾
    複雑ネットワーク・ウィンターセッション2015 02/19-21@北海道大学 (Oral).

  43. "自己組織化臨界性に基づく複雑ネットワークの構造形成"
  44. ○渡邊 章友、水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2014秋季大会@中部大学 (Oral).

  45. "複雑ネットワークのサイズと構造安定性:過負荷故障モデルからのアプローチ"
  46. 水高 将吾、渡邊 章友、矢久保 考介
    日本物理学会 2014秋季大会@中部大学 (Oral).

  47. "負荷揺らぎに起因したカスケード故障の定式化とネットワークの頑強性"
  48. 水高 将吾
    複雑ネットワーク・サマースクール2014 (Tutorial).

  49. "過負荷によるカスケード故障の臨界的振る舞い"
  50. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2014春季大会@東海大学 (Oral).

  51. "低次数領域における次数次数分布変化とスケールフリー・ネットワークの頑強性"
  52. ○小畠 佑介、水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2014春季大会@東海大学 (Poster).

  53. "ランダムウォーク・モデルに基づく過負荷故障カスケードの定式化とネットワークの頑強性"
  54. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2013秋季大会@徳島大学 (Oral).

  55. "過負荷故障に対する複雑ネットワークの堅牢性"
  56. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物物理 2012秋季大会@横浜国立大学 (Oral).

  57. "MI転移における局所状態密度の臨界的振舞いと普遍揺らぎ"
  58. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2012春季大会@関西学院大学 (Poster).

  59. "金属絶縁体転移における秩序変数の普遍揺らぎ
  60. 水高 将吾、矢久保 考介
    日本物理学会 2011秋季大会@富山大学 (Oral).

競争的資金獲得

  1. 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
    研究課題:複雑ネットワーク理論に基づく人工物システムの頑健性評価と強化
    役割:共同研究者(代表者:長谷川雄央[茨城大学准教授])
    期間:H30~H32
    配分額:直接経費 \300,000 (H30:\50,000, H31:\50,000, H32:\200,000)

  2. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
    研究課題:自己組織化臨界ネットワークの数理構造解明とその応用
    役割:代表者
    期間:H30~H32
    配分額:直接経費 \3,100,000 (H30:\1,100,000, H31:\1,000,000, H32:1,000,000)

  3. 科学研究費補助金 若手研究 (B)
    研究課題:次数相関を有するネットワークの頑健性とその最適構造の解明
    役割:代表者
    期間:H30~H31
    配分額:直接経費 \2,500,000 (H30:\1,500,000, H31:\1,000,000)

  4. H30年度 統計思考院 公募型人材育成事業(ワークショップ)
    研究課題:ネットワーク科学セミナー
    役割:代表者
    期間:H30
    配分額:\1,000,000

  5. H29年度 統計思考院 公募型人材育成事業(ワークショップ)
    研究課題:ネットワーク科学セミナー
    役割:代表者
    期間:H29
    配分額:\1,300,000

  6. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
    研究課題:過負荷故障カスケードに対する複雑ネットワークの頑強性
    役割:代表者
    期間:H26~H27
    配分額:直接経費 \1,020,000 (H26:\500,000, H27:\520,000)

  7. 国内外で行われる国際会議等出席促進事業 H25第2期 (北海道大学学内公募)
    役割:代表者
    分配額:\100,000


過去の主催セミナー

メーリス

担当講義

過去の予定(2019/02~)

  2019年10月04日        北陸先端科学技術大学院大学 林幸雄研究室を訪問。
  2019年09月11日 -  09月13日 日本物理学会@岐阜大学に参加。
  2019年08月28日 -  08月30日  ネットワーク科学セミナー2019@統計数理研究所を開催、参加。
  2019年08月07日 -  08月09日  北海道大学工学研究院 数理物理工学研究室を訪問。
  2019年07月15日 -  07月17日  RHINO2019@Pohangに参加/招待講演。
  2019年07月08日 -  07月12日  StatPhys27@Buenos Airesに参加/講演。
  2019年05月06日 -  05月10日  CCEGN2019@Les Houchesに参加/ポスター講演予定。
  2019年04月25日 -  04月26日  北海道大学工学研究院 数理物理工学研究室を訪問。
  2019年04月23日 -  04月25日  東北大学学際科学フロンティア研究所 翁長朝功氏を訪問。
  2019年03月27日 -  03月30日  北海道大学工学研究院 矢久保考介研究室を訪問。
  2019年03月19日        日韓合同ワークショップに参加/招待講演者として講演。
  2019年03月18日 -  03月20日  研究会参加のため東京訪問。
  2019年03月14日 -  03月17日  日本物理学会@九州大学に参加/15日に講演。
  2019年03月08日        金沢大学渡邊隼史さんを訪問。
  2019年03月07日        北陸先端科学技術大学院大学 林幸雄研究室を訪問。
  2019年02月26日 -  02月27日  北海道大学工学研究院 矢久保考介研究室を訪問。
  2019年02月22日        統計数理研究所にてミニワークショップを開催。